FC2ブログ

ブランピエールはバラじゃないの







祇園祭の後祭りを見に、灼熱の京都に行ってきました。


今の庭
20180719_171804_convert_20180723092933.jpg



地植えの花は、水をまいたばかりなので問題ないけれど、
鉢植え用の水やりタイマーは持っていないので、
腰水で乗り切ることにして、ホームセンターで深めの大きな鉢皿を買いました。



クィーンオブジエルブス
20180719_171604_convert_20180723093007.jpg



この暑さでは、たとえ一泊二日の短い留守でも、
ひどい水切れになるのは目に見えていたので、
鉢皿の腰水でどの程度持ちこたえられるか、賭けでしたが、
昨夜帰ってきたら、意外とまだ水がお皿に残っていて大丈夫でした (*^^*)
もちろん、パーゴラ下の半日陰に避難したせいもありますが。




で、京都。



前祭りのにぎやかさとは全く違い、わりといつもの京都でした。

ず~っとどこかから、笛や太鼓の音らしきものが流れていて、
なんとなくお祭り~な雰囲気は醸してました。


20180721_154853_convert_20180723093030.jpg


山鉾をいくつか見て、屏風祭に参加している旧家に行ってみたり。


紫織庵のお庭
20180721_163512_convert_20180723093151.jpg




夜は、ミシュランのビブグルマンで見つけたフレンチ ブランピエールに行きました。
前回の京都旅行で初めて行って、夫もとても気に入ってしまったので、今回も ♡



ブランピエールって、このブログを見てくださる方ならみんな、

ブランピエールドロンサールが好きなのかしら?
どこかに植えてあるとか?


って思うでしょ?


だから、聞いてみたんです、バラの名前からとったんですか?って。



そしたら、

ブランは白、ピエールは石。  白石だからです。 (〃▽〃)

なるほど (ノ´▽`*)b☆




二日目は、根付美術館から。

20180722_112221_convert_20180723093107.jpg
撮影禁止なんで、根付の写真はありませんが、
虫眼鏡でじっくり見たくなるような根付がたくさん!
見ごたえありました。




建仁寺
20180722_124607_convert_20180723093235.jpg



双龍図
20180722_123951_convert_20180723093219.jpg
鎌倉の建長寺の天井絵と似てるな~と思ったら、
小泉淳作さんという同じ方の作品でした。




両足院の庭
20180722_131243_convert_20180723093253.jpg






20180722_131640_convert_20180723093315.jpg




この後、清水三年坂美術館に行って、金工・七宝・蒔絵のコレクションを見ました。
これも写真はないけれど、すっばらしい七宝に感動しました。

並河靖之の人間業とは思えない繊細で美しい七宝!
見る価値ありです。 こないだNHKで特集してたんです (;´∀`)



焼けるような暑さの京都でしたが、美しいものが見られて、心が洗われました  




読んでくれてありがとう ♡  また来てね~ (^^)/


人気ブログランキング


にほんブログ村


コメント

非公開コメント

No title

こんにちは~。
美しい京都のお写真に
私も癒しをいただきました~!
やっぱり日本庭園って
どんなにレベルの高い英国人ガーデナーでも
作れないんだろうなぁ・・・なんて思ってしまいます。
真似はできたとしても、日本文化の価値観とか生活とか季節とか、本髄あって創造できるもののような気がしてなりません・・・・
ブランピエールって・・・・白石さんだったのですね(笑)


ゆーさんへ♪

ゆーさん、こんにちは(*^^*)  ありがとうございます♡

日本庭園て、美しいですよね。
最近では、うちも含めてだけど、洋風のお宅に洋風のお庭が主流だから、
こうやって見に行く機会を作らないと、なかなか見られません。
おっしゃる通り、侘び寂びの心は、簡単に真似できるものではないですよね。
すでに、私たちでさえ、かなり難しいと思います (;^_^A

この凛とした空気、好きです。

ブランピエールは、そうなんです、白石さんでした (笑)
こういうのって意外とよくありますよね、ブリジストン(石橋)とかね( *´艸`)