fc2ブログ

デビッドオースチンの平岡さんのお話 part2





今日は、良いお天気。空が真っ青でした(*^_^*)

朝、花壇の花の入れ替えを少ししてみました。





さて、それでは、昨日の続きをさっそく…(^_-)

IMG_1220_convert_20140523120155.jpg
ジュビリーセレブレイション 平岡さんもかなりオシてました






IMG_1515_convert_20140612202130.jpg
花菜ガーデン入口のダブルディライト




デビッドオースチンのテクニカルスペシャリストの平岡さんのお話

イングリッシュローズでガーデンをデザインしよう!

IMG_1513_convert_20140613210106.jpg


まずは、どこに何を植えるか?

  …当たり前なのかもしれませんが、品種の性格・育ち方を考えてプランする。
   
   やはり、実際に自分の目で見るのが一番なので、冬のバラ園に行き、植えたいと
   思っているバラの剪定後の様子を写真にとり、春の開花の様子と合わせて、
   その特徴をつかむのが一番確実。

   

イングリッシュローズの使い方

  …イングリッシュローズのシュラブ樹形は枝が横に広がるので、上から下まで花が付きやすく、
    アーチや壁面につるバラとして使いやすい。  
    (ダーッと頭を下げるからこそ、こんもりとかまぼこ型の樹型ができるということですね^_^;)
   
    秋にもよく咲く品種で、生垣をつくるのも良い。
    (いくつか品種名をあげてくださいました。特にスライドにあったリッチフィールドエンジェルは
    へッジトリマーで刈っても大丈夫とのことでした。ツゲなどで外側に低い生垣を作ると冬の葉の
    ない時期も寂しくならなくてよいようです。)
   
花後の管理
  
   …花がら摘みは、神経質に五枚葉を1~2枚つけたところなどと考えずに
   上から3つ目くらいの葉のところでOK。シュラブは枝が横に倒れている
   ので、どんどん芽が出てくる。
   
   地植えのお礼肥はしない。かえって花つきが悪くなるので、冬の元肥1度でよい。
   液肥は、早く効いて一瞬だけで残らないので、場合によってはあげてもよい。
   
   鉢植えは、普通に連続的に肥料をあげる。


そのほか、いろいろと、「ここだけの話^_^ ;(ネットなどに書かないようにね!とのこと)」も含めて、
お話してくださいました。

質問コーナーでは、秋にもよく咲く品種はどれですか?とか、

玄関先に鉢で咲かせたい場合最低何号ならいいですか?とか、

皆さん、とても熱心に質問していました。


どれだけ正確にレポートできたか、かなり疑問ではありますが^_^;

ボスコベル・ジュビリーセレブレイション・レディエマハミルトン、そして今回の最新品種オリビアローズオースチンは、話の中で何度かとりあげられていて、優秀品種なのは間違いないようでした。




最後までお付き合いくださってありがとうございました





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

こんばんは☆

こんばんは☆

平岡先生のレポ、ありがとうございますo(^▽^)o

やはり頭の重い品種で伸長立率の高いものはアーチに向きそうですね。
平岡先生のお勧めのボスコベルとレディエマハミルトンはお迎えすべきですね。オリビアは来年かな~~~
新種は高いから一年待ちます。(^_^;)

地植えのバラのお礼肥、要らないのね~~
二番花の為に今迄やっていました。冬の寒肥だけでも良いなんて、ローメンテで助かりますよね。
素晴らしいレポで、とても参考になりました。早速実行してみますね。
ありがとうございましたo(^▽^)o

Re: こんばんは☆

akoさん、おはようございます。

拙いレポート、読んでくださってありがとうございました(#^.^#)
鈍った頭で書いているので、わかりにくかったと思いますが、だいたい推測していただいて…^_^;

私もボスコベル、レディエマハミルトンは持っていないので、いつかお迎えするリストに
入れました。

たぶん、akoさんの方が早いと思うので、お迎えしたら写真と感想をおしえてくださいね!